日本語
展覧会

2011

overflow

「overflow 鷹野健・阿部大介・山田純嗣」

山田の推薦する若手作家による、画廊翠巒にて毎年行っているグループ展。
  • 会場:画廊翠巒(前橋)
    • 会期:2011年12月10日ー18日
  • 出品者:鷹野健、阿部大介、山田純嗣

「絵画ー写真を超えて」

良質な「1点の絵画」となった写真作品。 出来上がる過程で写真の手法やイメージを取入れた作品。 絵画・写真という領域を超えた作品。ギャラリーアーティストとコレクションによる構成。
  • 会場:不忍画廊(東京)
    • 会期:2011年10月3日ー29日
  • 出品者:北川健次、藤浪理恵子、山田純嗣、元田久治、柳ヨシカズ、オノデラユキ、澤田知子、細江英公、森村泰昌 他

「山田純嗣展 絵画をめぐって ― À Mon Seul Dèsir ―」

美術画廊Xでの2回目の個展。     
  • 会場:日本橋髙島屋美術画廊X(東京)
  • 会期:2011年10月12日ー10月31日

「SKY-2011 アジア主版/版画展」

アジア諸国、地域の版画を集めた展覧会。作品とともに版も展示された。

  • 会場:国立台北藝術大学関渡美術館(台北、台湾)
    • 会期:2011年10月5日-12月18日
    • 主催:国立台北藝術大学美術学院、国立台北藝術大学関渡美術館、中華民国版画学会、財団法人台湾美術院文化藝術基金会、財団法人京桂藝術基金会
  • 出品者:台湾、日本、韓国、タイ、中国、マカオ、香港の作家、約150名

「ウサギマミレ マレニネコ」

東日本大震災の復興支援として、ウサギをテーマとしたチャリティ展。

  • 会場:不忍画廊(東京)
    • 会期:2011年5月9日ー28日
    • 主催:不忍画廊
  • 出品者:池田 綾、伊藤亜矢美、大谷有花、門坂流、呉亜沙、鈴木敦子、住吉明子、釣谷幸輝、内藤瑶子、中佐藤滋、名嶋憲児、成田朱希、安元亮祐、山中現、山田純嗣、柳ヨシカズ

「招き猫亭コレクション 猫まみれ~ようこそ猫の迷宮へ~」

猫作品コレクター所蔵の作品による展覧会。

    
  • 会場:山形美術館/笠間日動美術館
  • 会期:2011年4月7日5月8日(山形)/2011年5月14日ー7月18日(笠間)
  • 主催:山形美術館、山形新聞・山形放送
  • 出品者:歌川国芳、歌川広重、歌川芳藤、川合玉堂、竹久夢二、レオナール・フジタ、岸田劉生、中川一政、木村荘八、猪熊弦一郎、村井正誠、斎藤清ら著名な近・現代作家、海外作家や現在活躍中の若手・中堅作家など多数

「TOUGEN 現代作家による桃源郷へのアプローチ」

桃源郷の限りない現在性を探るべく、「今につづく桃源郷」をテーマに現存の作家たち、それも写真、映像、立体等の新しいメディアによって表現活動をする6人の作家によるグループ展。
岡崎市美術博物館において同時期に開催されている、歴史的に貴重な日本の桃源画の系譜を中心とした「桃源万歳!-東アジア理想郷の系譜-」とも合わせた企画。

  • 会場:masayoshi suzuki gallery(岡崎)
  • 会期:2011年4月9日ー5月22日
  • 主催:masayoshi suzuki gallery
  • 出品者:大﨑のぶゆき、志賀理江子、関智生、丹羽誠次郎、三宅砂織、山田純嗣

「駒井哲郎+「50の黒い絵画」」

駒井哲郎の1960年代モノクローム作品を中心に20点ほどと、50点の黒い作品を集めたグループ展。

  • 会場:不忍画廊(東京)
  • 会期:2011年3月25日-4月28日
  • 主催:不忍画廊
  • 出品者:駒井哲郎、池田満寿夫、橋場信夫、門坂流、山中現、山口啓介、山田純嗣、加納光於、北川健次、菅野陽、元田久治、釣谷幸輝、作田富幸、池田俊彦、武田史子、山中現

「アイチ・ジーン」

愛知を中心として活動する現代作家を集めた展覧会の豊田市美術館会場展。

  • 会場:豊田市美術館レストラン/又日亭
    • 会期:2011年2月23日ー3月6日
    • 主催:愛知県立芸術大学芸術資料館
  • 出品者:阿部大介、安藤陽子、上田暁子、城戸保、坂本夏子、鈴木雅明、谷村彩、山田純嗣ほか

2010

画廊翠巒

「overflow 田口健太・阿部大介・山田純嗣」

山田の推薦する若手作家による、画廊翠巒にて毎年行っているグループ展。

  • 会場:画廊翠巒(前橋)
  • 会期:2010年12月11日-19日
  • 主催:画廊翠巒
  • 出品者:田口健太、阿部大介、山田純嗣
山田純嗣展

「山田純嗣展 森の距離 Distance In Forest」

不忍画廊での約1年ぶりとなる個展.。インタリオ・オン・フォトにパールペイントを加えた、見る角度によって色彩の変化する新作を中心に約15点を発表。

  • 会場:不忍画廊(東京)
  • 会期:2010年10月1日ー23日
  • 主催:不忍画廊

「アイチ・ジーン」

平成22年度愛知芸術大学芸術資料館アウトリーチ事業として開催された。愛知を中心として活動する現代作家を集めた展覧会の愛知県立芸術大学芸術資料館会場展。

  • 会場:愛知県立芸術大学芸術資料館(愛知)
  • 会期:2010年9月14日ー10月3日
  • 主催:愛知県立芸術大学芸術資料館
  • 出品者:

「Nature Calls」

アメリカ、ニュージャージーで開催された自然をテーマとした作品によるグループ展。

  • 会場:Shore Institute of Contemporary Arts(ニュージャージー、アメリカ)
  • 会期:2010年7月9日ー8月20日
  • 主催:Shore Institute of Contemporary Arts
  • 出品者:Anonymous、Anita Arliss、Susan Breen、Ryan Cronin、Helen Klisser During、Rieko Fujinami、Philip Heilman、Susan Hoeltzel、Joanne Howard、Mary Hrbacek、Bendel Hydes、Dale Leifeste、Pam Marchin、Bob Marty、John Mendelsohn、Kevin Mutch、Antonio Petracca、Rachel Phillips、KJ Tidemand、Melanie Vote、Patrick Winfield、Junji Yamada、MIchael Zansky

「水景頌」

水景を描いた作品によるグループ展。

  • 会場:不忍画廊(東京)
  • 会期:2010年7月1日ー24日
  • 主催:不忍画廊
  • 出品者:E.ムンク、長谷川利行、斎藤真一、門坂流、山田純嗣、元田久治
日本現代版画

「日本現代版画展 20世紀ー21世紀へ」

中国で日本の現代版画を紹介する展覧会。展示作品のうち1点が浙江省美術館に収蔵された。

  • 会場:浙江省美術館(中国)
  • 会期:2010年4月6日ー25日
  • 主催:中日版画文化交流委員会
  • 出品者:深澤幸雄、吹田文明、星野美智子、黒崎彰、中林忠良、野田哲也、磯見輝夫、原健、小林敬生、池田良二、河内美栄子、東谷武美、一圓達夫、河内成幸はじめ日本の版画家56名

「第29回損保ジャパン美術財団選抜奨励展」

毎年行われている、公募展からの選抜と、推薦作家の作品を集めた展覧会。平面作品部門とあわせ、隔年開催の立体部門も開催。公募団体の奨励賞作品の他、推薦委員による推挙作を含め、平面62点、立体17点の作品が紹介。

  • 会場:損保ジャパン東郷青児美術館
  • 会期:2010年3月13日ー4月4日
  • 主催:損保ジャパン東郷青児美術館、産経新聞社
  • 出品者:平面62点、立体17点、計79名

「あいちアートの森」

文化庁の「地域文化芸術振興プラン推進事業」を受けて愛知県で企画された展覧会。愛知県の山村離島を含む6カ所において、現代作品の展示やワークショップ、パフォーマンスなどが行われた。

  • 会場:愛知県内6カ所。ナゴヤインドアテニスクラブ(名古屋)に出品。
  • 会期:2009年12月ー2010年3月
  • 主催:文化庁、あいちアートの森実行委員会
  • 出品者:100名以上